HOME > コラム一覧 > 快適な住まい「第10回自分らしさを大切にできる住まい」

女性建築士がつくる「快適な住まい」

第10回「自分らしさを大切にできる住まい」

リビング
洗面所
バスルーム

はじめまして。
この道、30年。私が、ずっと大切にしてきたのが 「 自分らしさを大切にできる家 」 を造るということです。
人にはそれぞれ違った暮らし方があります。 いろんな夢も描いています。
それを形にできるよう一緒にとことん考えて、作り上げるお手伝いをするのが建築士の仕事だと思っています。
その人らしく生きることで、人生を十分にいきいきと 謳歌できるよう・・・。 また 「 終の棲家 」 になるように・・・
そんな家づくりのプロセスを一緒に楽しみたいと思っています。

近頃、女性の建築士だから、お願いしたいという依頼が多くなりました。
なぜって・・・細かい気遣い、心地よさ、温かささ、日々の生活のなかでふっと感じることに、 水や空気のように当たり前のようにあるしあわせに共感できるところが多いからでしょうか。
ライフステージが変わるなか、順応しいつまでも快適に暮らせる「住まい」は、大事ですね。
「 なが~く愛して 」 じゃないですが、 変化に対応できることは、大切だと設計しながら実感しています。 人は加齢に伴って、心身ともに変化していきますが、 どんな状態になってもその人らしく暮らすことが大切です。

それを私は、同居している90歳の母から、学んでいます。
一ヶ月いや毎日刻々と進む加齢に戸惑うことも多いですが、 最後まで在宅で、過ごして欲しいその思いが・・・・・。
母との日々の生活を通して、ユニバーサルデザインを様々な領域 に広げたいという熱い思いへ、向かわせているのかも知れません。
やがてその思いが、情熱家の仲間たちとNPO法人ユニバーサルデザイン・結の立ち上げに 繋がったのだと思います。

誰だってどんな時も、いきいきとくらしたい。
それを叶えるための考え方がユニバーサルデザインです。
「 人を大切にする 」 こと、それは、おもいやり・助け合いのこころです。

日本は、長寿国トップを更新し続けていますが、 質が伴った生活の上にある 「 長寿世界一 」 であってほしいと切望しています。
誰でもが、安心して年齢を重ねられるよう・・・。

これからも、そのようない思いを込めて 愛され続ける住まいをクライアントと 「 共に 」 つくっていきたいと思います。

冨樫 美保 ( とがし みほ )

冨樫 美保 ( とがし みほ )

冨樫建築設計事務所
1級建築士
設計専攻建築士
福祉住環境コーディネーター2級
NPO法人ユニバーサルデザイン・結 代表理事
  http://ud-yui.com
福島県UD推進協議会代表世話人
桜の聖母学院短期大学生活科学科
 住デザインカウセリング論講師
 住生活デザイン論講師
桜の聖母生涯学習センター講師

すべてに全力投球、情熱をもって取り組みます。

コラム物件