HOME > コラム一覧 > なるほど住宅ローン「第3回マイホーム購入の時期(物価高と税金編)」

フィナンシャルプランナーの「なるほど住宅ローン」

第3回「マイホーム購入の時期(物価高と税金編)」

フィナンシャルプランナー

☆主な登場人物
【FPさとう】
住宅ローンが専門のファイナンシャル・プランナー
【佐々木さん】
これから住宅購入をしようと考えて、FPさとうの事務所に相談にきたお客様。
 職業 : 会社員 年齢 : 35歳
 家族構成 : 奥さま、長男(5歳)、長女(3歳)

ガソリンスタンド

FPさとう:
最近、物価が高くなったと感じることはありますか?
佐々木さん:
もちろんあります。ガソリンなんか入れる度に 上がってますから!
FPさとう:
そうですよね。ガソリンをはじめ色々な物が値上がりしていますよね。 総務省の発表 ( H20年7月 ) によると、1年間で約 2% も消費者物価が上昇しているようですよ。
佐々木さん:
えっ!? たった 2% ですか・・・もっと上がっているような気がしますけど。
FPさとう:
ガソリン上昇と比べたら、他の物はそんなに大したこと無いと感じるかも知れませんね。 100円のものが 102円、 1万円のものが 1万200円ですからね。
佐々木さん:
2% の上昇だと・・・建物に 2000万円 掛かったとして・・・ 40万円!何とか我慢できる範囲かも。
FPさとう:
そうですよね、 1年なら何とか大丈夫かもしれませんよね。 でも、住宅を購入するのが 5年先だとすると・・・2% × 5年 = 10%くらい物価が上昇してしまう計算になります。
佐々木さん:
5年で 10% ですか・・・それは困るな。 2000万円が 2200万円って事ですよね。
FPさとう:
そういうことになりますね。そして物価高と同じくらい心配なのが税金です。
佐々木さん:
税金も・・・
FPさとう:
はい。まず心配なのが消費税です。 佐々木さんは、今後消費税が上がると思いますか? それとも下がると思いますか?
佐々木さん:
もちろん、上がるでしょう。

上昇イメージ

FPさとう:
そうですよね。今まで多くの方に同じ質問をしているのですが、ほとんどの人が消費税は今後上がると考えているようです。 じゃあ、何% くらいまで上がると思いますか?
佐々木さん:
将来的には 10% くらいになるかぁ~と思っています。
FPさとう:
そうですか。じゃあ消費税 10%で計算してみますね。 建物が 2000万円だとして、税率が 10% になったとしたら 200万円の消費税が掛かります。今よりも 100万円も多く税金を支払うことになりますね。

5年後のシミュレーション

佐々木さん:
ん~物価高と消費税を考えると、自己資金が 600万円になったとしても、借入額は同じになってしまうかも・・・がんばって貯蓄した甲斐がなくなるんですね。
FPさとう:
そういうことです。借入額が同じということは、当然毎月の返済額も支払利息も変わらないということです。もちろん金利が今と同じと計算した場合ですけどね。 そして、もうひとつ心配なのが “ 住宅ローン減税 ” です。
佐々木さん:
それって聞いたことがあります。 所得税が戻って来るっていうやつでしょ!
FPさとう:
佐々木さん流石に勉強していますね。 平成19年に住宅を購入して年末までに入居した人は最大で 200万円の減税、 平成20年の年末までに入居した人は最大で 160万円の減税効果があるんです。
佐々木さん:
1年間で、ずいぶん減税額が減るんですね・・・・来年(平成21年)に買った人はどうなるんですか?
FPさとう:
実はこの “ 住宅ローン減税 ” は今年までしか決まってないんですよ。 現在、政府は延長の方向で検討しているようなんですが・・・ まだ来年以降のことは何も決まっていないんですよ。
佐々木さん:
そうなんですか・・・物価と税金かぁ 今まであまり気にしていなかったけどとっても大きな問題ですね。
FPさとう:
そうですね。将来のことなので実際には 5年後どうなっているか分からないんですけど、一応考えておきたいポイントです。