HOME > コラム一覧 > なるほど住宅ローン「第4回マイホーム購入の時期(家賃等)」

フィナンシャルプランナーの「なるほど住宅ローン」

第4回「マイホーム購入の時期(家賃等)」

フィナンシャルプランナー

☆主な登場人物
【FPさとう】
住宅ローンが専門のファイナンシャル・プランナー
【佐々木さん】
これから住宅購入をしようと考えて、FPさとうの事務所に相談にきたお客様。
 職業 : 会社員 年齢 : 35歳
 家族構成 : 奥さま、長男(5歳)、長女(3歳)

FPさとう:
佐々木さんは現在、アパートにお住まいなんですよね?
佐々木さん:
はいそうです。福島市内の 2LDK のアパートに住んでいます。
FPさとう:
市内で 2LDK Kのアパートだと、家賃はどのくらいですか?

アパート

佐々木さん:
駐車場代込みで 6万5000円 くらいですね。
FPさとう:
6万5000円 ですか、そうするとマイホームを購入して 2700万円 を 30年ローン ( 年利 2.5% ) の場合は、毎月の返済が 10万6683円 ですから・・・ 約 4万円 住居費がアップしてしまうんですね。
佐々木さん:
そうなんですよ。妻ともいろいろと話しているんですけど、これから教育費も掛るようになるし、物価も高くなってきているので“住宅ローンは今の家賃 + 3万円 の 9万5000円 くらいに抑えておきたい!というのが希望なんです。
FPさとう:
なるほど、そういうことですね。 3万円アップ までなら大丈夫だけど、 それ以上はちょっと心配ということですね。
佐々木さん:
はい、そうです。だから 『 頭金をもう少し貯めて、毎月の支払いを減らすしかないね 』 と妻と話しているんです。
FPさとう:
そうですか。ということはマイホーム購入のために毎月貯蓄できるのも 3万円 ということですよね。だとすると、自己資金を 300万円 増やすのに・・・

300万円 / 3万円 = 100か月(8年4か月)

佐々木さん:
8年以上も掛るんですか・・・子供たちが中学生になっちゃいますね。

子供たち

FPさとう:
問題はそこですよね。佐々木さんはお子さんの小学校入学に合わせてマイホームを持ちたいとお考えのわけですから、8年以上も先になったらダメだと私は思うんですよ。 それに 100ヶ月 もマイホーム購入が先送りになると、家賃の負担もそれなりに大きくなります。

6万5000円 x 100か月 = 650万円

佐々木さん:
300万円 の貯蓄をするために 650万円 も家賃を払うってことですよね。 そう言われてみると納得できないなぁ~FPさとう: そうですよね。納得できないですよね。ここで自己資金と “ 住居費 ” の収支をちょっと整理してみますね。

A.30歳でマイホーム購入の場合
  自己資金 300万円 借入2700万円 年利 2.5% 期間 30年
  ローンの支払い:10万6683円 x 360ヶ月 = 約3840万円
B.30歳~38歳まで賃貸、100ヶ月後にマイホーム購入の場合
  (1) 家賃 = 6万5000円 x 100ヶ月 = 650万円
  38歳でマイホーム購入
  自己資金 600万円 借入 2400万円 年 2.5% 期間 30年
  (2) 毎月の支払い:9万4830円 x 360ヶ月 = 3413万円

家賃650万円 + ローン3413万円 = 4063万円

佐々木さん:
なるほど!トータル金額は自己資金が少ない “ 今マイホームを購入したほうが200万円以上もお得!” って訳ですね。
FPさとう:
そういうことになります。 そして、大切なのは 3つのF ( ファミリー、ファイナンス、フューチャー ) です。お金だけではなく、家族のこと ( お子さんの入学とか )、未来のこと ( ご自身の定年退職時期 ) を考えた住宅購入計画が大事だと思いますよ。
佐々木さん:
そうですよね、家族のためにマイホームですからね。 でも、月々10万円以上の支払いはちょっとキツイなぁ~ どうしたらいいんだろう・・・
FPさとう:
佐々木さん大丈夫ですよ。きっと何とかなります。
佐々木さん:
えっ!? 本当ですか!
FPさとう:
はい。佐々木さんにピッタリの解決策がきっとあるはずです。 一緒に考えてみましょう。

次回へ