HOME > コラム一覧 > なるほど住宅ローン「第13回住宅ローンのメンテナンス1」

フィナンシャルプランナーの「なるほど住宅ローン」

第13回「住宅ローンのメンテナンス1」

フィナンシャルプランナー

☆主な登場人物
【FPさとう】
住宅ローンが専門のファイナンシャル・プランナー
【佐々木さん】
これから住宅購入をしようと考えて、FPさとうの事務所に相談にきたお客様。
 職業 : 会社員 年齢 : 35歳
 家族構成 : 奥さま、長男(5歳)、長女(3歳)

FPさとう:
佐々木さんの住宅ローンの返済計画と立てるときは、メンテナンスの時期も考えておいた方が良いですよ。
佐々木さん:
ローンのメンテナンスですか? 屋根や外壁なんかのメンテナンスの話はよく聞きますけど・・・住宅ローン にもメンテナンスがあるんですか?
FPさとう:
class="fp_sato"はい。 佐々木さんの場合は35年間も住宅ローンと付き合うわけですから、定期的なメンテナンスをしたほうが良いと思いますよ。 家族の環境や社会情勢に合わせたメンテナンスをすることで、無理や無駄をなくすことが出来ます。それが繰り上げ返済や借り換えです。
佐々木さん:
なるほど、繰り上げ返済や借り換えですか! それなら聞いたことがあります。 利息の節約になるんですよね。
FPさとう:
はい、その通りです。 どのくらい利息の節約になるか、具体的に見てみましょう。

期間短縮方繰上げ返済の例

FPさとう:
住宅ローンは“元金の支払額+利息の支払額”が毎月のローンの支払金額になります。 繰り上げ返済というのは、まとめて元金だけを支払うことが出来る制度です。 上の図の場合、100万円を繰り上げ返済すると元金(濃い青     の部分)だけをまとめて支払うことになります。 そうすると、その上に乗っている利息(赤い部分     )の支払いが必要なくなります。利息節約効果は約100万円です
佐々木さん:
え~100万円も! 100万円まとめて払うだけで100万円の節約ですか! それは凄いですね。
FPさとう:
そうですね、利息節約効果は高いですね。 そして、繰り上げ返済する時期によっても、効果が変わります。 図を見ると分かるとおり、借りはじめの頃は利息の支払い割合が大きいですから、時期が早ければ早いほど効果は高いということになります。 そして、この例の場合、2年間返済期間が短縮されます。 最初は35年ローンだったものが、途中で33年のローンに変わるわけです。
佐々木さん:
なるほど。利息の節約ができて、ローンの支払期間も短くなる。 まさに一石二鳥ですね。
FPさとう:
その通りです。 次回は“もう一つの繰り上げ返済”返済軽減型についてお話しますね。
佐々木さん:
はい、よろしくお願いします。