HOME > 家づくりガイド > 家づくりの依頼先

依頼先の選び方

  依頼先は、一緒に家づくりを進めていく大切なパートナーです。よく研究して、自分にふさわしい依頼先を選びましょう。依頼先によって家づくりのスタイルは異なります。それぞれの特徴を知っておきましょう。

依頼先の種類

  家づくりの依頼先を大きく分けると、次の3つに分けられます。
  ハウスメーカー  工務店  設計事務所

ハウスメーカー

  一般に、広範囲な営業網をもつ大手の住宅建築会社をいいます。住宅を「商品化」し、部材の生産から施工に至るまで、工場生産比率を高めシステム化を図っています。土地探しや資金計画、工事、入居後のアフターサービスまで、家づくり全般に渡るサービスが特徴です。

家作りの特徴

  1. 設計施工一環ながら、家づくりの課程ごとの分業体制
     設計、施工、アフターサービスなどの各課程で担当分部門が異なったり、協力会社が携わったりすることもあります。相談窓口あるいは責任者を明確にしておきましょう。
  2. 基本的には企画化された住宅であり、フリープランにも制限があります
     ラフプランの段階では、営業マンがプランをつくることが多いようです。その後詳細を検討する段階で、設計担当者が加わり細部を決めていきます。
      プランに関して多少制約があることは否めません。敷地の大きさや形状などの条件によっては、建てられないことも生じます。フリープラン(自由設計)の場合でも、そのメーカーの採用する製造・工法が前提となります。床・壁・天井の仕上げ材、窓やドアの建具などもある程度決められた範囲のものから選ぶのが一般では、建て主の予算や好みに応じて何種類かの商品を展開し、間取りや仕様を幅広く取り揃えているところも多くなっています。
  3. 工場生産比率を高め、工期短縮
     ハウスメーカーの家づくりは、工場生産された部材やパーツを多用するため、比較的品質は安定しています。現場の工事が少なめで、工期が短いことも特徴です。
     ただし、現場の工事を担当するのは、地元の協力工務店や下請け工事会社ということが多いので、メーカーの工事監理体制(工事をチェックする体制)がきちんと確立していることが必要です。工事についての相談や質問は、現場監督か営業マンが窓口になります。

家作りの特徴

  オススメは、当サイト依頼先情報です。特徴のあるハウスメーカーや、安心して依頼できる工務店、設計事務所まで、各会社からのコメントも掲載している他、家づくり体験者の実体験に基づくレビューも参考になります。
  住宅雑誌や新聞広告、住宅展示場など、ハウスメーカーの関する情報源をポイントを押さえて活用して、自分の家づくりにあったハウスメーカーを選びたいものです。

情報源 活用ポイント
モデルルーム ○ 実際の生活を念頭におきながら、空間や使い勝手を体感ししてみる
○ モデルルームは、広い敷地に最高のグレードで理想的に建てられています。(予算や条件に合わせて冷静な判断が必要)
カタログ ○ 営業マンが種々の質問に応じてくれますので、警戒しすぎず接してみること(営業マンの人柄や対応の姿勢も要チェック)
○ ハウスメーカーの商品情報を細かくチェック
○ 標準仕様の内容と、その場合の本体工事費をチェック
○ カタログにはモデルルームの写真が使われる場合が多いので、標準以外の仕様や設備に注意
雑誌・専門誌 ○ ハウスメーカーの商品情報や施工事例をチェック
○ 工務店の施工事例をチェック
○ 設計事務所の作品を見て、作風や家づくりの考え方をチェック
インターネット ○ ハウスメーカーのホームページで会社情報、商品情報をチェック
○ 最寄りの住宅展示場をチェック
○ 設計事務所のホームページを見て、過去の作品から、得意分野や作風、家づくりの考え方をチェック
○ 現場見学会やオープンルーム(内覧会)、セミナーの情報も活用
その他 ○ 実際の物件を見て、住んでいる人の話を聞く
○ 工事途中の現場をチェック
○ 地域密着型の工務店の場合、地元の評判も大切な情報
○ 地元で設計事務所を探す場合、各地の建築家協会や各県の建築士会に問い合わせる

成功へのポイント

  ハウスメーカーの家づくりのカギを握るのは、『営業マン』といえるでしょう。家づくりの成否は、担当営業マンの能力と相性によるところが大きいようです。
  家づくりの相談窓口である営業マンには、建主の希望を理解し、実現できる能力が望まれます。また、ハウスメーカーで建てる家はシステム化されているとはいえ、そのほとんどは、工場生産された部材を、図面に合わせて現場で組み立てていく「一品生産品」です。これに係わる多くの下請会社の人々をハンドリングする力量も問われます。

工務店

  一般に、営業網を比較的狭い地域に限定し、地域に密着した建築会社をいいます。工務店の数は非常に多く、社長兼大工といった小規模経営から、従業員が数百名というところまで大小さまざまですが、大半を占めるのは、社長と数名の大工、事務員というような小規模工務店です。小規模ならではの機動力と細やかな対応が特徴です。
  最近では、多様化するニーズに応えるために、新技術を導入して品質向上や性能アップを図ったり、設計や提案にも力を入れるところが増えているようです。工法や部材を供給するフランチャイズに加盟している会社もあります。

家作りの特徴

  1. 設計から施工まで一貫した家づくり
      工務店には、設計から施工まで一貫して依頼することができます。
      この場合に注意したいのは、工事監理の体制です。施工者に都合の良いチェックになっていないかを確認しましょう。
  2. 木造在来工法を中心に、建て主の希望に沿った自由なプランニングが可能
      工務店の場合、一般に木造在来軸組工法を得意とすることが多いようです。基本的には、自由設計が主体です。
      デザインや見栄えについては、組む店側の施工のしやすさを優先されることもあるので、デザインにこだわりがある場合には、写真を見せるなどして具体的に希望のイメージを伝える工夫も必要です。
  3. 地元ならではの対応の早さ
      何か困ったことが起きても、素早い対応が期待できます。入居後のメンテナンスについても、気軽に相談できるメリットがあります。身近で信頼できる工務店を選べば、末永いおつきあいが生まれます。

家作りの特徴

  オススメは、当サイト依頼先情報です。特徴のあるハウスメーカーや、安心して依頼できる工務店、設計事務所まで、各会社からのコメントも掲載している他、家づくり体験者の実体験に基づくレビューも参考になります。地域で永年営業し、実績のある工務店ならば、ひとまず安心といえるでしょう。組む店の会社案内などで、業務経歴を確認したり、何件か実際の物件を見たり住んでいる人の話を聞くのもよいでしょう。工事中の現場は、その工務店の家づくりに対する姿勢を見ることができます。ゴミの始末や駐車の仕方、資材や機器の置き方などをチェックしてみましょう。

情報源 活用ポイント
モデルルーム ○ 実際の生活を念頭におきながら、空間や使い勝手を体感ししてみる
○ モデルルームは、広い敷地に最高のグレードで理想的に建てられています。(予算や条件に合わせて冷静な判断が必要
カタログ ○ 営業マンが種々の質問に応じてくれますので、警戒しすぎず接してみること(営業マンの人柄や対応の姿勢も要チェック)
○ ハウスメーカーの商品情報を細かくチェック
○ 標準仕様の内容と、その場合の本体工事費をチェック
○ カタログにはモデルルームの写真が使われる場合が多いので、標準以外の仕様や設備に注意
雑誌・専門誌 ○ ハウスメーカーの商品情報や施工事例をチェック
○ 工務店の施工事例をチェック
○ 設計事務所の作品を見て、作風や家づくりの考え方をチェック
インターネット ○ ハウスメーカーのホームページで会社情報、商品情報をチェック
○ 最寄りの住宅展示場をチェック
○ 設計事務所のホームページを見て、過去の作品から、得意分野や作風、家づくりの考え方をチェック
○ 現場見学会やオープンルーム(内覧会)、セミナーの情報も活用
その他 ○ 実際の物件を見て、住んでいる人の話を聞く
○ 工事途中の現場をチェック
○ 地域密着型の工務店の場合、地元の評判も大切な情報
○ 地元で設計事務所を探す場合、各地の建築家協会や各県の建築士会に問い合わせる

成功へのポイント

  一概に工務店と言っても、社長兼大工といった小規模経営から、従業員が数百名というところまで、その規模には大きな幅があります。どんな規模であっても、工務店の家づくりのカギは、やはり、施工の『技術力』と言えるでしょう。
  また、工務店といっても、その会社がすべての工事を担当するわけではありません。基礎、水廻り設備、屋根など、木工事(柱・梁など家の骨組み)と造作工事(木材を使った仕上げ)を除き、全て各専門工事会社が請け負います。それら職方を取り仕切り、統率する大工棟梁としての力量も重要です。

設計事務所

  一般的に、一級建築士または二級建築士、木造建築士の有資格者が運営する事務所をいいます。事務所を運営する建築士のことを「建築家」と呼ぶようです。施工会社(ハウスメーカー、工務店)とは独立し、設計と工事監理を専門に行います。

家作りの特徴

  1. 設計と施工は完全分離
      設計事務所との家づくりの場合、設計事務所が設計を行い、施工は別途工事請負契約を結んだ工務店が行います。設計と施工が別々の契約に基づき、完全に分離して行われます。施工を依頼する工務店は、建て主が直接指定することも可能ですが、多くの場合は設計事務所が手配してくれます。
      設計事務所には、工事監理を委託することも可能です。家の完成を左右する工事監理ですから、第三者の立場で厳しくチェックしてくれる設計事務所は心強い存在になります。
  2. 敷地状態、予算、法規制などの厳しい条件にも柔軟に対応
      設計事務所との家づくりは、100%オーダーメイドです。建て主と話し合いを何度も重ねて、専門家としてのノウハウを駆使した具体的なプランニングが行われます。特に、変形狭小敷地などの厳しい条件下では、最も頼りになる存在でしょう。
      設計事務所によって作風も考え方もさまざまです。自分の考え方や好みに合った建築家を選ぶことが大切です。家づくりの期間は、余裕を持って少なくとも一年程度をみておくとよいでしょう。

情報収集と選び方

  オススメは、当サイト依頼先情報です。特徴のあるハウスメーカーや、安心して依頼できる工務店、設計事務所まで、各会社からのコメントも掲載している他、家づくり体験者の実体験に基づくレビューも参考になります。
  なかなか知り合うチャンスもなく、敷居が高いという印象があるのが設計事務所かもしれません。住宅雑誌やインターネットなどで調べ、気になる家が見つかったら気軽に設計事務所に連絡をいれてみましょう。実際に会って話をしたり、過去の作品を見せてもらったりしながら、焦らずじっくり判断しましょう。

情報源 活用ポイント
モデルルーム ○ 実際の生活を念頭におきながら、空間や使い勝手を体感ししてみる
○ モデルルームは、広い敷地に最高のグレードで理想的に建てられています。(予算や条件に合わせて冷静な判断が必要)
カタログ ○ 営業マンが種々の質問に応じてくれますので、警戒しすぎず接してみること(営業マンの人柄や対応の姿勢も要チェック)
○ ハウスメーカーの商品情報を細かくチェック
○ 標準仕様の内容と、その場合の本体工事費をチェック
○ カタログにはモデルルームの写真が使われる場合が多いので、標準以外の仕様や設備に注意
雑誌・専門誌 ○ ハウスメーカーの商品情報や施工事例をチェック
○ 工務店の施工事例をチェック
○ 設計事務所の作品を見て、作風や家づくりの考え方をチェック
インターネット ○ ハウスメーカーのホームページで会社情報、商品情報をチェック
○ 最寄りの住宅展示場をチェック
○ 設計事務所のホームページを見て、過去の作品から、得意分野や作風、家づくりの考え方をチェック
○ 現場見学会やオープンルーム(内覧会)、セミナーの情報も活用
その他 ○ 実際の物件を見て、住んでいる人の話を聞く
○ 工事途中の現場をチェック
○ 地域密着型の工務店の場合、地元の評判も大切な情報
○ 地元で設計事務所を探す場合、各地の建築家協会や各県の建築士会に問い合わせる

成功へのポイント

  設計事務所(建築家)の技術力にはかなり幅があり、そのデザイン傾向や住宅に対する考え方もさまざまです。設計事務所にとっての技術力とは、工務店とは多少異なり、建て主が希望する住宅性能を実現する設計力と工事監理の能力といえるでしょう。

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の特徴一覧

  依頼先によって家づくりのスタイルは異なります。それぞれの特徴を知っておきましょう。
(注) 一般的な特徴の説明です。依頼先の会社によって、あてはまらない場合もありますので、ご了承ください。

設計・施工・工事監理の体制

依頼先 設計・施工 工事監理 契約先と内容
ハウスメーカー ・設計から施工まで一貫して行う
・設計は、メーカーの設計者が行う
・施工は、メーカーの施工部門または協力工務店や下請工事会社が行う ・相談窓口は、営業マン
・メーカーの監理担当者や協力工務店の現場監督が担当
・チェック体制が確立しているか必ず確認
・メーカーと工事請負契約
工務店 ・設計から施工まで一貫して行う
・設計は、協力設計事務所が行う場合もある
・工務店の監理担当者や現場監督が担当
・チェック体制が確立しているか必ず確認
・工務店と工事請負契約
設計事務所 ・設計を行う
・施工は、別途、工事請負契約を結んだ工務店が行う
・設計事務所に工事監理を委託できる ・設計事務所(建築家)と設計業務委託契約、工事監理業務委託契約
・施工を行う工務店と工事請負契約

家づくりの特徴

依頼先 プランの自由度 敷地条件 工期 品質
ハウスメーカー ・ライフスタイルや予算、好みに合わせ、多種多様の商品がある
・ある程度規格化されている場合が多く、100%自由とはいえない
大きさや形などによっては、多少制約がある 短期間 ・工場生産された部材やパーツを多用し、品質の安定を図っている
・積極的に最新技術を取り入れ、安全性や耐久性を高めている
工務店 ・自由度は高い
・木造の在来工法を得意としているところが多い
条件に合わせて設計 比較的短期間 ・地元で長年営業し実績のある工務店は、技術力(品質)も信頼できる
・プレカット材の使用などにより、品質の安定を図るところも増加傾向
設計事務所 ・自由度が高く、様々な希望やこだわりに対応 変形狭小などの厳しい条件下でも、条件に合わせて設計 1年程度は必要 ・設計事務所(建築家)が工事内容をチェックしますので、ミスや手抜きを防ぐことができる

引き渡し後のアフターサービス

依頼先 アフターサービス
ハウスメーカー ・メーカーのメンテナンス担当部門や協力会社により、定期点検が行われる
工務店 ・地域密着型なので、アフターサービスに機動力があり、融通も利く
設計事務所 ・完成後も何かと気にかけてくれ、数ヶ月後、数年後と時期を選び点検してくれる

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の特徴一覧

  住宅展示場、カタログ、住宅雑誌、インターネット・・・依頼先に関する情報源と活用ポイントを紹介します。

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の特徴一覧

  自分の希望にあった依頼先は見つかりましたか?依頼先選びのチェックポイントまとめます。
  依頼先を決定する際、ひとつの判断材料にしてみてはいかがでしょう。

1.希望のイメージにあった設計・施工をしてくれそうですか?

  家づくりに関しては、いろいろな考え方や価値観があるので、自分の希望に適した設計や施工をしてくれる依頼先を見極めることが重要です。
● 依頼先の家づくりは、あなたの希望するイメージにあっていますか?
● 担当者(営業マン、設計者)は、そのイメージを理解してくれていますか?

2.何でも相談できる信頼関係をつくれますか?

  こちらの希望や考えを十分に聞いてもらい、満足できる家づくりをしたいものです。そ のためには、何でも相談でき、信頼のおける依頼先を選ぶことです。
● 家づくりの相談窓口である担当者(営業マン)の対応に満足していますか?
● 信頼関係を築いていけそうですか?

3.工事監理がきちんと行われる体制ですか?

  工事監理はひじょうに大切な仕事で、家づくりの完成度を左右すると言えます。特に、 ハウスメーカーと工務店の場合、設計・施工を一貫して行いますので、監理者が独立した 立場で工事をチェックできる体制かどうか、きちんと確認しましょう。

相性のよい依頼先は?あなたの家づくりのスタイルをチェック!

  まず、あなたの家づくりのスタイルをチェックしてみましょう。
  次の質問を読み、自分にいちばん近いと思う答えを選んでください

  • Q1:おしゃれなデザインをしたいし、インテリアにもこだわりたい
  • Q2:子育てまたは共働きで忙しく、打ち合わせなどにあまり時間が取れない
  • Q3:家を建てようとする敷地が狭い、または変形している
  • Q4:建て売りにしようか、迷っている
  • Q5:変わった間取りやデザインなど、特別な希望がある
  • Q6:伝統的な純和風の家にしたい
  • Q7:家造りは短期間ですませたい
  • Q8:将来、増築する可能性が高い
  • Q9:家造りは人まかせにしたくない
  • Q10:設計料を払うのはもったいない
  • Q11:住宅展示場に行っても興味がわかなかった
  • Q12:輸入住宅にあこがれている
  • Q13:家造りに興味があり、以前から住宅雑誌などを読んで勉強してきた
  • Q14:天井や壁にビニールクロスは使いたくない
  • Q15モデルハウスと同じような家にしたい