HOME > 家づくりガイド > 健康住宅

健康住宅

  近年、新築の住まいで暮らしているのに体調を崩すという話をよく耳にするようになってきました。現代の住宅は、断熱性・気密性などの住宅性能向上や室内装飾のニーズの進歩に伴い、たくさんの化学物質が使われるようになり、それが人間の体に悪い影響を与える原因になったのです。
  ここでは、健康に暮らせるよい住まいを手に入れるため、気をつけなければいけないポイントを、わかりやすく解説していきます。

住まいと健康障害

  昔の日本の住まいは「夏を旨とすべし」といって、建物のすみずみまで風が行き渡る、開放的で自然と馴染んだ構造で、湿気もこもらないようにできていました。最近では、住宅性能の向上が叫ばれ、高断熱・高気密化が推進され、冬も暖かく一年中を快適に過ごす住宅が造られるようになりました。しかし、その構造は、昔に比べて風が通りにくく、湿気をこもらせることにもなるのです。それが結露などの不具合をうみ、材料の劣化を招くため、シロアリやアレルギーの原因になるダニの発生の元にもなってきました。さらに、これらの害虫を防ぐための処理に使用される薬剤に、人間の体に害をもたらすものがあることがわかってきました。
  また、機能性を重視した木材以外の建築材料や、便利な建材が一般的に使われるようになりました。これらの材料は、最先端の技術で生み出されるのですが、その材質や塗料などにも、空気中に溶け出して人間に悪影響を与える化学物質を含むものがでてきたのです。

シックハウス症候群

  機密性の高い家の中で、空気中に揮発した化学物質を呼吸と共に吸い込んで健康を害するのが「シックハウス症候群」といわれるものです。有害な化学物質が、室内の空気にたくさん混じっていることにより、目がチカチカしたり、ノドの痛み、めまいや吐き気、頭痛などの症状を引き起こします。
  シックハウス症候群は、住宅の中に使われる材料や塗料などに含まれる有害な化学物質や、シロアリ・ダニを防ぐために施される処理で使う防蟻剤などの成分が室内に溶け出し、それを呼吸により摂取することで起こるものです。

シックハウス法

  人体に害を与える化学物質にはどんなものがあるのでしょう。
  表1(PDFデータ 18KB) は、日本の家屋によく使われるもののうち、その有害性が問題になっている代表的な物質です。日本では国や専門機関でこれらの物質を監視し、その指針値を公表しています。下記、室内濃度指数値表を参照ください。

室内濃度指針値(厚生労働省)
揮発性有機化合物 毒性指標 室内濃度指針値
ホルムアルデヒド ヒト暴露における鼻咽頭粘膜への刺激 100μg/m3(0.08ppm)
トルエン ヒト暴露における神経行動機能および生殖発生への影響 260μg/m3(0.07ppm)
キシレン 妊娠ラット暴露における出生児の中枢神経発達への影響 870μg/m3(0.20ppm)
パラジクロロベンゼン ビーグル犬暴露における肝臓および腎臓などへの影響 240μg/m3(0.04ppm)
エチルベンゼン マウスおよびラット暴露における肝臓および腎臓への影響 3,800μg/m3(0.88ppm)
スチレン ラット暴露における脳や肝臓への影響 220μg/m3(0.05ppm)
クロルピリホス 母ラット暴露における新生児の神経発達への影響および新生児脳への形態学的影響 1μg/m3(0,07ppb)ただし小児の場合は0.1μg/m3(0.007ppb)
フタル酸ジーn-ブチル 母ラット暴露における新生児の生殖器の構造異常などの影響 220μmg/m3(0.02ppm)
テトラデカン C8-C16混合物のラツト経口暴露における肝臓への影響 330μg/m3(0.04ppm)
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル ラット経口暴露における精巣への病理組織学的影響 120μg/m3(7.6ppb)
ダイアジノン ラット吸入暴露仁おける血漿及び赤血球コリンエステラーゼ活性への影響 0.29μg/m3(0,02ppb)
アセトアルデヒド 綴ラットの経気道暴露における鼻腔嗅覚上皮への影響 48μg/m3(0.03ppm)
フェノブカルブ ラットの経口暴露におけるコリンエステラーゼ活性などへの影響 33μg/m3(3,8ppb)
総揮発性有機化合物量(TVOC) 国内の室内VOC実態調査の結果から、合理的に達成可能な限り低い範囲 暫定目標値400μg/m3(0.4ppb)

注)※ppm=100万分の1、ppb=10億分の1 ※μg=1gの100万分の1 ※両単位の換算は25℃の場合による

  化学物質は多種にわたり、その性質がよくわかっていないものもあり、また次々に新しいものが開発されることもあり、引き続き監視が必要です。
  こうした背景から2003年7月に、建築基準法による規制となる「シックハウス法」が施行されました。

有害性のある化学物質

  住まいの中には、いったいどんな化学物質が存在するのでしょう。 表1(PDFデータ 18KB) は、日本の住宅で確認されている、主な有害化学物質です。
  リフォームや新築した住まいで、体調が悪くなったときなどは、専門の第三者機関に依頼すれば化学的データを測定してもらうことができます。簡易な方法では、ホルムアルデヒドを測定する検知管や、濃度計を使う方法がありますが、手軽な分誤差も大きいようです。精密な測定では、ホルムアルデヒドだけでなく、一部のVOC(揮発性有機化合物(volatile organic compounds))も採取して測定できるものがあります。
  なお、測定を考えるなら以下のサイトが参考になります。
(1) 厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/
   報道発表資料の平成12年度12月22日付にある測定法
(2) 住宅紛争処理支援センター http://www.chord.or.jp/shienc/
  「シックハウスに関する情報適用」中の測定機関一覧
  室内汚染の目安となる化学物質の濃度については、ECA(欧州共同研究)やWHO(世界保健機構)がガイドラインを示しており、日本では厚生労働省による指針値が定められています。上記、室内濃度指数値表を参照ください。
   ただし、これらはあくまでも判断の一つの基準値であり、この数値をクリアしていても、誰でも絶対安全というわけでありません。

チェックポイント

  健康に配慮した住宅を建てるにはどんなポイントに注意したらいいのでしょう。  シックハウス症候群の発生をうけて施行されたシックハウス法では、クロルピリホスの使用禁止、ホルムアルデヒドを発散する建築資材の使用制限など、細かい規定が盛り込まれています。それに伴い、JISやJASのホルムアルデヒドに関する規格も統一され、厳しく規制されるようになりました。
  また、機密性が高い最近の住宅設計に配慮し、機械換気による換気量の確保も義務化されました。
  全体的に言えば、それぞれの地域の自然条件にあった素材や住宅構造を考慮して、化学物質や薬剤処理に頼らない工法や材料を選択することが基本です。

床下

  湿気対策と防蟻剤に注意!
  基礎や土台など、床下は普段の生活では見えない部分なのでおろそかにしがちですが、文字通り住まいの根本部分です。根本が腐ったり、シロアリの被害を受けたりすると、家の寿命に直接影響してしまいます。加えて、基礎や土台はリフォームしにくい部分ですから、家を建てる前に十分考慮する必要があるのです。
  特に通常の防蟻処理は有害性の高い薬剤が使用されるので注意しましょう。

シロアリ分布図

(1) 健康障害の要因
  日本は高温多湿であり、土台が腐りやすく、腐朽菌やシロアリが住みやすい環境が形成されやすい状況です。

(2) 現状
 通常の住宅は布基礎により閉鎖的になりがちで、換気しにくい構造となっています。さらに腐朽菌やシロアリに弱い外材(米栂など)を使用すると、どうしても薬剤処理に頼ることになります

(3) 対策
  腐朽菌やシロアリの好まない環境にするため、これらに強い材料を用い、乾燥した床下を校正することが基本です。床下は対策1のように風通しをよくする構造にするか、対策2のように外断熱にして床下の環境を室内と同じようにする方法があります。このとき、断熱材はプラスチック系だとシロアリに好まれるので要注意です

もっとも有効なのは、床下に点検できる空間を確保して、定期的に点検することで、被害を早期発見、対処することです

構造材

  防腐剤や接着剤に注意!  構造材は、建物を支える基本部分です。無垢材や集成材が使われます。無垢材は、耐久性や調湿性能もあるすばらしい自然素材です。集成材は小さな木材を組み合わせて作られ資源の有効活用材として強度も優れていますが、集成材には表3のような接着剤が使われています。
(1) 健康障害の要因
  湿度による劣化を防ぐため、無垢材でも防腐剤が使われることがあります。集成材では強度を出すための接着剤が有害だったり、その中に防腐剤や防カビ剤が含まれることがあります。
(2) 現状
  土台だけでなく、床下に防腐剤を塗布する場合があります。特に現場で塗布したものは揮発性が高いので注意が必要です。
  また、内装の関係で構造材に化粧板を貼り付けることがあり、その接着剤にも注意しましょう。
(3) 対策
  耐久性の高い材料を用い、湿気のない状態を保つ構造にして、防腐剤の使用をできるだけおさえるのが理想です。湿気の原因は、壁の中の結露や水回りでの不具合などですので、しっかりした工法で施工することが大事です。集成材も適材適所で有益ですから、使うときは安全な接着剤を用いたものを選んでください。

佳宅によく使われる建材と健康に配慮した建材 -集成材用接着剤-
住宅によく使われる建材
ユリア系 内装用の集成材によく使われている ホルムアルデヒドを原料としており、非常に高い放散量を示す場合があるので注意が必要
レゾルシノール系
フェノール・レゾルシノール系
構造用の集成材に主に使用される ホルムアルデヒドを原料としており、放散の可能性が高い
健康に配慮した建材
水性高分子イソシアネート系 ホルムアルデヒドを原料としていないので安全性は高い 樹脂モノマーが放散するおそれはある
フェノール系 ホルムアルデヒドの放散量が少ない

下地材

  合板やボードに使われている接着剤と難燃剤に注意!
  下地材は仕上げする前に施工されるもので、合板やボード類がほとんどです。木質系のボードの大半では接着剤が使われています。
(1) 健康障害の要因
  板を張り合わせたり木のチップを固めて作るボード類は、そのほとんどがホルムアルデヒドを主成分とする接着剤を使っています。また、木質のボードに難燃性を持たせるため、有機リン系やハロゲン系の化学物質を添加することがあります。
(2) 現状
  ボード類は面材なので施工面積が広く、その分ホルムアルデヒドなどの揮発量が多くなるので人体への影響が懸念されます。
(3) 対策
  JISやJASの規格で、ホルムアルデヒドの発散量の最も少ないものを選びます。下地材でも、仕上げが壁紙などの透過性の高いものではシックハウス法の対象になりますので、施工の前に資料をよく吟味してください。

断熱材

  繊維系は結露防止対策、発泡プラスチック系では難燃剤や樹脂モノマーに注意
  現代の住宅は高い断熱性能が求められますが、これらは、きちんとした工法でないと壁の内外の温度差により、壁の内などに結露を発生して断熱材の性能を下げたり、カビや腐れの原因となります。
(1) 健康障害の要因
  繊維系の断熱材は結露しやすく、いったん湿ってしまうと乾きにくく、カビやダニの発生を促します。発泡プラスチック系の断熱材は燃えやすいため、難燃剤を添加したものが多く、またポリウレタン系では燃えると青酸ガスを発生するものもあります。また発泡剤や樹脂モノマーの有害性にも問題があります。
(2) 現状
  グラスウールやロックウール等の繊維系は、安価で施工性も高いため広く使われています。しかし、結露しやすいので、施工では気密フィルムをしっかり貼るなどの注意が必要です。
  発泡プラスチック系では床に充填したり、外貼断熱に使用されますが、生産・廃棄の際に温暖化ガスを排出し、環境負荷が高いものがあります。
(3) 対策
  結露対策が重要です。その上で、ウールや炭化コルク・木質繊維などの自然素材を使うと、コスト高ではありますが安全です。また、生産廃棄の環境負荷の問題からも、自然素材がおすすめです。

住宅によく使われる建材と健康に配慮した建材 -断熱材-
住宅によく使われる建材
グラスウール
ウックウール
吸湿性が高いので結露対策に特に注意する
ポリウレタン系
ポリスチレン系
発泡剤、難燃剤、原料の樹脂モノマーに問題があるポリウレタン系は燃焼時に青酸ガスが発生する
ポリエチレン系 発泡剤、難燃剤の問題がある
健康に配慮した建材
ウール 羊毛を原材料としている
吸湿性が高いので結露対策に特に注意する
炭化コルク コルクを高温加圧してつくられたボード状のもので、接着剤は使われていない
亜麻草繊維 麻の繊維を原料としている吸放湿性が高く、比較的湿度に強い
セルロースファイバー 古紙などを綿伏にしたものをいう接着剤が含まれている場合は注意が必要。その種類を確認する

仕上げ材

  原材料や添加剤、施工時の接着剤などに注意
  仕上げ材は人体に直接触れる部分であり、床・壁・天井など、施工面積も大きいので最も注意すべき部分です。また、その種類も多種にわたり、使われている化学物質についても複雑で未知の影響が懸念されている部分でもあります。
(1) 健康障害の要因
  床材の一種、フローリングでは木目調のシートや合板など、接着剤が使われています。また、畳にも防ダニ加工が施されたものがあります。壁や天井に施工される塩化ビニルクロス、床材のビニルタイルやクッションフロアは、塩化ビニルモノマーを原料としており、また加工しやすくする可塑剤、品質保持のための安定剤、そのほか充填剤や防腐・防カビ・着色料など、多くの添加物が練り込まれています。さらにこれらを施行するには、接着剤を使用します。
(2) 現状
  安価で施工しやすいこれらの仕上材は大量に使われており、ビニルクロスは壁紙仕上げの9割を占めるとも言われています。塩化ビニル製品は、壁紙ばかりでなく配管類や電線の被覆など、非常に多く使われていますが、耐久性・施工性・コストなどの面で、代替品ではまかないきれない性能を持っています。  しかしこれらは、生産時に水銀や塩素ガスを用い、焼却廃棄の際にはダイオキシンを発生するなど、人体へ多くの悪影響を及ぼす危険を含んでいます。
(3) 対策
  床材を無垢材にすることや、壁を左官仕上げにすることなど、ナチュラルな施工も考慮してみましょう。無垢材はそりや曲がりを生むことも有り、左官壁はヒビが入ることがありますが、それらは「調湿機能」という、日本家屋の優れた文化の一面です。  なお、塩化ビニルクロス以外の紙や布の壁紙の場合も、難燃剤や防腐剤の使用には注意が必要です。

住宅によく使われる建材と健康に配慮した建材 -施工用接着剤-
住宅によく使われる建材
酢酸ビニルエマルション いわゆる木工用ボンドのこと
可塑剤と酢酸ビニルモノマーに問題がある
ホルムアルデヒドが含まれる可能性はほとんどない
イソシアネート系
(ポリウレタン系)
合板やパネル、タイルなどの接着に使われている
イソシアネートモノマーとVOCに問題がある
エポキシ系 強力な接着剤
多くの添加剤が含まれており、特に硬化剤のアミン類は有害性が高い
合成ゴム
ラテックス系
床材やタイルの接着に幅広く使われている
VOC、樹脂モノマーなどの問題がある
アクリル酸エステルエマルション系 ビニル床やカーペットの接着に使われている
VOCやアクリルモノマーが問題
健康に配慮した建材
ノンホルム系 ホルムアルデヒドを含まない
ただし、添加剤、特に防腐剤や防カビ剤が含まれているものもあるので注意が必要
自然素材系 自然素材もしくは安全性の高い物質のみが使用されている
施工性はあまり良くない
住宅によく使われる建材と健康に配慮した建材 -仕上げ材-
住宅によく使われる建材
塩化ビニルクロス 可塑剤、安定剤に含まれる重金属、溶剤のVOCなどが特に問題となるそのほか防虫・防蟻剤以外の問題となっている化学物質がすべて含まれている
左官材料 調合済みの塗り壁材料や吹き付け材料の中には、合成樹脂や防カビ剤の含まれるものがあり、それらの添加剤に注意が必要
複合フローリング 接着剤に含まれるホルムアルデヒドやVOC、防虫剤の問題がある
カーペット 同上
特にVOCの問題が大きい
畳(わら床、スチレンフオーム床) 畳表は、防カビ防ダニ処理と着色剤の問題がある畳床については、わら床の場合は防虫処理の問題、スチレンフォーム床は樹脂モノマーなどの問題がある
ビニルシート 塩化ビニルクロスと同様に多くの有害物質が含まれる
健康に配慮した建材
アクリル系クロス
オレフィン系クロス
塩化ビニルクロスの代替品としてつくられたもので、可塑剤、重金属、有機リン系化合物を含まない
紙クロス
布クロス
素材に問題は少ないが、防カビ剤などに注意は必要和紙を貼るのもよい方法である
左官材料 生石灰クリームや珪藻土が注目されている
ただし、珪藻土にはそれ自体で固まる性質はなく、添加剤を使用するので、その成分に注意が必要
伝統的左官材料 土壁、漆喰、じゆらく土などで、合成樹脂系添加物などが入っていないもの
単層フローリング 無垢板なので接着剤が使われていない施工のために接着剤を使う場合は注意が必要
複合フローリング ホルムアルデヒドの発散量が少ない
コルクタイル 素材の問題は少ないが、コルクを固める接着剤のホルムアルデヒドやVOCについては注意が必要
畳(炭化コルク床、木炭床など) 炭化コルクには接着剤や防虫剤は使用されていない木炭床や吸着作用を持たせた床などさまざまだが、添加剤の確認は必要畳表が無農薬のものもある
天然リノリウム 亜麻という植物が主原料で、自然素材だけを用いて製造される

塗料

  有機溶剤に注意
  塗料は見た目の美しさの他、紫外線や風雨に対する耐久性の向上や汚れの防止などの目的で使用されます。 油性塗料に使われる有機溶剤に含まれるトルエン、キシレンなどが人体へ影響を及ぼします。
(1) 健康障害の要因
  油性ペイントやニスには有機溶剤が使われており、中にはトルエンとアセトンの割合が溶剤の8割を占めるものもあります。
(2) 現状
  有機溶剤による健康被害や環境汚染が問題になって、危険性の高い有機溶剤は順次、より安全なものへ切り替えが行われていますが、それでもできるだけそういった塗料の使用は避けた方が無難です。また、工場であらかじめ塗布された製品では、その安全性が確認しにくいので注意が必要です。
(3) 対策
  庇を設けたり、樹木を植えることで外壁への雨や紫外線の影響を軽減する工夫も重要です。塗布する量やメンテナンスの間隔も伸びて、ダメージを軽減します。
  また、使用する塗料もなるべく自然のものや有害性の少ない水性塗料などを選択するのもいいでしょう。

住宅によく使われる建材と健康に配慮した建材 -内装用塗料-
住宅によく使われる建材
有機溶剤系 (塩化ビニル、アクリルなど非常に種類が多い) いわゆる油性塗料で、油を溶かす有機溶剤が不可欠トルエン、キシレンを始め、非常に多くの有害物質が含まれ、VOCが揮発する
健康に配慮した建材
合成樹脂エマルション 水を溶剤としているので有機溶剤系と比較すると安全性は高いが、添加剤や樹脂モノマーに注意が必要
低臭型NADアクリル樹脂 室内化学物質汚染対応塗料として開発されたホルムアルデヒド、トルエン、キシレンは禾使用
自然系塗料 天然素材で作られた塗料で、安全性が高い
伝統塗料 漆、柿渋、蜜ろうなど日本には伝統的な天然塗料がある漆などにかぶれる体質の人は注意が必要