HOME > 家づくりガイド > オール電化住宅とは

オール電化住宅とは

  オール電化の設備が整った住宅のことをいいます。具体的にいうと、冷暖房、お風呂をわかす、調理をするといった生活エネルギーを全て電気でまかなうように設計された住宅です。調理器具を電化製品に変えたり、電気のコンセントにつなげばいいといった単純なものではありません。
  オール電化住宅では、電気温水器、IH調理器、床暖房システムの3つが大きな柱となります。これらは通常の100Vでは足りず200Vを使用します。オール電化住宅は、高断熱・高気密で、計画換気が前提となります。

オール電化のメリット

1.安全

  オール電化の設備が整った住宅のことをいいます。具体的にいうと、冷暖房、お風呂をわかす、調理をするといった生活エネルギーを全て電気でまかなうように設計された住宅です。調理器具を電化製品に変えたり、電気のコンセントにつなげばいいといった単純なものではありません。
  オール電化住宅では、電気温水器、IH調理器、床暖房システムの3つが大きな柱となります。これらは通常の100Vでは足りず200Vを使用します。オール電化住宅は、高断熱・高気密で、計画換気が前提となります。

2.簡単で便利

  調理する時もワンタッチ、調理後の後片付けもフラットプレートを拭くだけ。お湯は、いつでも豊富に使えます。

3.経済的

  オール電化にすると、他のエネルギーの基本料金をまず節約できます。電気・ガス等併用より確かに電気の使用量は増えますが、電気料金の割引制度があって節約が可能です。また、オール電化にすると火災の心配が減り、火災保険が割引になるというメリットがあります。

4.環境に優しい

  東北電力の給湯システム「エコキュート」を例にすると、給湯器にフロン系冷媒を使用せず、CO2排出量を大幅に削減、オゾン層の破壊や地球温暖化の軽減につながると言われています。

オール電化の補助金

賢いものは補助金の制度を上手に使っているようじゃ。

  オール電化を導入する場合、機器の購入や設置などにどうしても経費が必要となりますが、申請によって国から補助金がが交付される制度があります。

※参考 東北電力 「 お得な融資・保険情報

気になる電気代

  いくら空気がクリーンだ、安全だといわれても、電気代が大きく跳ね上がってしまっては、オール電化を歓迎できないものです。確かに電気代は高くなりますが、ガス代や灯油代がなくなるので、この差し引きで節約になっていたら、オール電化はお得なものといえるでしょう。
  オール電化の電気代を考える上で重要なことは、時間別で電気代が割引される料金制度をうまく活用することです。電気代が昼間と夜間で異なる時間帯別電灯契約(TOU)は、と朝7(8)時から夜11時までの昼間料金が割高で、夜11時から朝7 (8)時までの夜間料金が大幅に割引きされているものです。この割引率は各電力会社で異なるので確認が必要です。