HOME > 家づくりガイド > ペット共生住宅

ペット共生住宅

  『ペット共生住宅』とは、人とペットの快適な暮らしを考慮した住宅のことです。単にペットを飼養できる住宅ではなく、ペットにとって安全であることはもちろん、飼い主にとっての利便性に優れ、また、ご近所や来訪者にも配慮した、誰もが気持ちよく暮らせる快適な共生空間であることが大切です。

ペットと暮らすステキな空間を演出するには

ペット共生住宅の種類と傾向

  家族に愛するワンちゃんや猫ちゃんがいて一緒に暮らす。飼い主の方々は、毎日のように癒され、勇気付けられながら過ごしています。そんなかけがえのないペットと一緒に、長く健康に暮らせるように誰もが願っているはずです。
  ペットが室内で快適に暮らすには、それなりの工夫が必要になってきます。

「滑らない床」「清潔な床」

  爪が長い猫、わんぱくな犬はがいる住宅でフローリングを使用していると、大変滑りやすく、ケガの原因になります。悪い滑り方をすると骨折や脱臼に至る場合もあります。でも、カーペットにするとすぐ汚れたり、ダニやノミの発生に繋がります。ペット共生住宅では、その両方を考慮した素材、例えばコルクなどを使用する配慮がなされています。また、傷対策として、フローリングを特殊コーティングすることも可能です。
  ペットが室内で快適に暮らすには、それなりの工夫が必要になってきます。

「快適空間の確保」

  ペットは人以上に部屋中を駆け回ったり、お遊びが大好きです。かわいいペットのためにも、広々とした空間を確保してあげましょう。特に家に人がいなくて一人ぼっちの時にストレスが溜まってしまったら可愛そう。ペット共生住宅では、ストレスの溜まらない空間作りも配慮します。

「玄関・トイレスペース」

  トイレのしつけをしっかりして、決まった場所での排泄できるように配慮してスペースを作ります。玄関にシャワー付きの水栓と広い洗い場を設置するアイディアも、ペット共生住宅ならではです。

「潜り戸付き室内ドア」

  ドアの下部にペット専用の小さな穴を開けて、ペットが自由に部屋を移動できるようにリフォームします。冷暖房の効率が良くなる仕組みになっています。

「洗える畳」

  「どうしても和室がいい。でもペットと暮らしたい」。そんな方には、ダニの繁殖抑制と臭い対策に効果ある畳を利用します。