HOME > 家づくり用語辞典 > ツーバイフォー、2×4(つーばいふぉー)

家づくり用語辞典

ツーバイフォー、2×4つーばいふぉー

北米で開発され、枠組壁工法とも呼ばれる建築工法のこと。
北米の木造建築の伝統的な建て方で、躯体を構成する部材として2インチ×4インチ断面の角材を多く使用することからこの名が付いたと言われている。パネル化された壁や床などの「面」で家を構成する。頑丈で耐震性、気密性、断熱性に優れているといった特徴を持つ。施工も簡単で、工期も比較的短いが、「面」で支える工法により設計上、壁の位置や量に制約が生じる。

家づくり用語辞典

絞込み

五十音
カテゴリ
キーワード

同条件のその他の物件

もっと見る