HOME > 特集 > 2010 新春マイホーム特集

特集

2010 新春マイホーム特集

太陽光発電

太陽光発電

  地球温暖化対策のひとつとして、国も推進しているのが太陽光発電です。発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、排ガスも出さない、環境にやさしいクリーンなエネルギー。自然エネルギー促進の施策の一環として、国と地方自治体による補助金制度も追い風となり、注目を浴びています。  太陽光発電は屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気を作り出します。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができます。作られた電気は各家庭で使用し、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。設置には助成金制度もあり、経済的にもメリットのあるシステムです。

 

【補助金制度を活用】

  地球温暖化対策の一環として、太陽光発電を普及拡大させるため、2005年度に終了していた国による補助金制度が復活しました。太陽光発電を住宅に設置する場合、1キロワットあたり7万円が補助されます。これにより導入費用(工事費込)の約1割をまかなえることになります。また、地方自治体による補助金もあります。自治体毎に条件や受付機関などが異なります。

 

【高価買取スタート】

  昨年11月より買い取り価格は一般住宅で1キロ・ワット時当たり48円。電力会社が自主的に買い取っていた価格の2倍です。新築住宅に太陽光発電を入れる場合の費用は約180万円~200万円。経済産業省の試算では、余剰電力を売った収入や電気代の節約効果を考えると約10年間で元が取れるとなっています。

 

【システム導入の注意点】

■ 太陽光発電システムの設置を検討する際に、何を基準にしたら良いのかがわからず、「 価格が安いメーカー 」「 有名なメーカー 」を選択してしまう方が多いようです。太陽光発電システムのメーカーは、「 価格 」「 発電効率 」「 保証内容 」が異なります。メーカーの比較をする時には、この3点を中心に検討をすると良いでしょう。
■ 太陽光発電システムの施工を行っている業者は世の中に数多くあり、「 施工が安い 」「 高いけれど親切 」など会社によって特徴がさまざまです。太陽光発電は高い商品で、業者とは何10年というお付き合いになるため、業者選びが最も重要と言われます。

安心してマイホームを購入するための保険が10/1スタート
住宅瑕疵担保履行法

住宅イメージ

  住宅瑕疵担保履行法、何やらむずかしい名前の法律です。でも、心配は無用。
  「 住宅瑕疵担保履行法 ( 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律 ) 」は、消費者保護の観点にたったものです。
 加入対象となるのは、平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅 ( 建設工事の完了から1年以内で.かつ人が住んだことのないもの ) と賃貸住宅 ( 民間賃貸受託・公営住宅・公務員宿舎など ) です。資力確保措置 ( 保険加入もしくは供託 ) が義務付けられるのは、新築マンションや建売住宅ならその売主業者 、注文住宅ならハウスメーカーや工務店など ( 建設業者 ) となっています。
  瑕疵担保責任の範囲は品確法と同じく 「 構造耐力上主要な部分 」 および 「 雨水の浸入を防止する部分 」 であり、瑕疵担保責任の期間も品確法と同じく10年間です。
  保険対象となるのは、雨漏り・壁からの漏水・床の沈下などの不具合が中心となります。 たとえば、新築でマイホーム購入五年後に雨漏りを見つけたら、事業者に補修等を請求することができます。仮に、その期間内に事業者が倒産したなどの理由から欠陥の補修等が行われない場合には、買主に保険会社から保険金が支払われますので安心です。

あなたの家は大丈夫?
耐震検査は、住宅の健康診断です。

「耐震診断」から「耐震改修」までの流れ

  国内外を問わず、いつ起きてもおかしくないのが大地震。一人ひとりが地震災害の危険性を認識し、その対策を講じることが必要不可欠です。地震による被害の大半が、古い建築物の全半壊によるものです。
  耐震検査は、専門家が建築物の図面や実地による調査を行い、基礎や柱、壁などの形状や材料、老朽化などの状況から地震に対する強さを把握し、耐震基準に照らして判断します。対象の建築物が、どの程度の耐震性を持っているかはもちろん、どのような部分に問題があるかも明確になります。
  健康を維持するために健康診断を受けるのと同様、住宅や建築物の安全を確保するために、耐震検査はとても重要な意味を持ちます。検査を受け、問題点がはっきりすれば、その後の対応方法や、改修工事の是非なども検討することができます。
  昭和56年 ( 1981年 ) 以前の建築物は、耐震性能が低い可能性があります。
  リフォームを考える際には、必ず耐震検査を行いましょう。県や市町村の相談窓口や、事前に無料相談ができる機関にお問い合わせください。

福島県耐震化・リフォーム等推進協議会は昨年8月の駿河湾地震を契機に、耐震に関する県民意識アンケートを行い結果を公表している。詳しい結果については同協議会ホームページへ。
>> http://www.fukushima-taishinreform.jp

(財)ふくしま建築住宅センター
地域の安全・安心、そして技術の共有を目指して

平成21年度 業務セミナーの模様

  これまでの成長社会から、人口と世帯数がともに減少していく成熟社会へと社会構造が大きく変化する中で、永く使用される良質な住宅を建築することが住居費負担の軽減や環境負荷の低減を図る上で極めて重要となっております。
  (財)ふくしま建築住宅センターでは、従来の建築確認検査や住宅性能評価等に加え、昨年度から施行された住宅瑕疵担保責任保険及び長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査等の業務内容を充実させ、建築確認検査と他の業務を併せて申請できるワンストップサービスによる顧客満足度の向上に努めるとともに、職員ひとり一人のスキルアップ、法令遵守の徹底を図ることが、安全で安心して生活できる地域社会の形成に寄与すると考えております。
  一方、建築基準法改正や長期優良住宅の普及の促進に関する法律の制定等に伴って、建築に関わる各種基準が多様化していることから、これら業務に係るセミナー等を開催し、皆様方と技術の共有を目指してまいります。

 

【本部・県北事務所】
●本部
〒960-8061 福島市五月町4番25号 福島県建設センター4F
TEL 024-573-0118 / FAX 024-573-0160
E-mail:fkc6@fkc.or.jp
●県北事務所
福島県建設センター1F
TEL 024-573-0121 / FAX 024-573-0125
E-mail:fkc-h@fkc.or.jp
【県中事務所】
〒963-8852 郡山市台新1丁目33-5 郡山建設会館2F
TEL 024-995-5022 / FAX 024-995-5033
E-mail:fkc-k@fkc.or.jp
【いわき事務所】
〒970-8026 いわき市平字童子町4-18 いわき建設会館3F
TEL 0246-35-1050 / FAX 0246-35-1055
E-mail:fkc-i@fkc.or.jp
【会津事務所】
〒965-0830 会津若松市西年貢2丁目1番17号
TEL 0242-38-3611 / FAX 0242-38-3699
E-mail:fkc-a@fkc.or.jp

福島県耐震化リフォーム等推進協議会
安全・安心の住まいとまちづくり【住まいのお悩み 相談無料】

福島県耐震化・リフォーム等推進協議会

  福島県耐震化・リフォーム等推進協議会は、住宅・建築物の耐震化リフォームを推進するとともに、県民の皆様からの住宅相談等にお応えするため、福島県、市町村、商工金融機関及び建築関係団体で構成する信頼できる組織です。平成19年8月の発足以来、県民の皆様からの500件にも上るご相談に応じております。相談の内容は、耐震化・リフォームにとどまらず、新築についても多く寄せられています。また、シロアリ、省エネ、太陽光発電等の悪質な詐欺まがいのセールスのご相談も増えています。被害に遭わないよう「おかしいな?」と思ったら、当協議会にご相談ください。担当の建築士が懇切丁寧にお応えします。

 

【業務の内容】
○公平性と透明性を確保した相談対応と行政相談窓口との連携
○県民、事業者、協議会会員への耐震化やリフォームに関する情報の提供
○耐震化やリフォームに関する設計、施工の技術向上と普及
○地域経済や地域づくりに貢献する耐震化やリフォームに関する調査研究
○福島県耐震改修促進計画及び市町村耐震改修促進計画の支援

 

■お問合せ・ご相談
福島県耐震化リフォーム等推進協議会
〒960-8061 福島県福島市五月町4-25 TEL:024-563-6213
E-mail saitou@fukushima-taishinreform.jp
ホームページ:http://www.fukushima-taishinreform.jp

ふくしま家づくりネットワーク
ふくしまの家「きなり」現場見学会を開催

ふくしま家づくりネットワーク

ふくしま家づくりネットワークは、福島で育った木をふんだんに使用した無垢の家「きなり」の現場見学会を開催します。
日程 平成22年1月17日(日)
    平成22年2月21日(日)
時間 午前10時~午後4時まで
場所 福島市吉倉字吉田91番1
主催 ふくしま家づくりネットワーク
電話 024-533-3065 ( 事務局 / 菊池設計内 )

 

ふしまの家「きなり」とは・・・
特徴1 福島で育った木材を使用することによる、福島の地域性・気候に即した快適で安心な家。
特徴2 無垢材や素材にこだわった、大工や職人の丹精こめた手仕事が輝く、本物の家。
特徴3 国で定めた長期優良住宅の基準を超える省エネ性能・耐震性能・劣化防止性能。
特徴4 無垢板の床・天井、無垢板の耐震壁、本物の漆喰壁など、素材の光るインテリア。
特徴5 コンパクトなプランニングによる、リーズナブルな価格帯での提案。

 

■お問合せ・ご相談
ふくしま家づくりネットワーク
〒960-0116 福島県福島市宮代字一本松91 (有)菊地設計内
TEL:024-533-3065
ホームページ:http://www.f-iezukuri.net/

有限会社コムテックス ( 福島市 )
Casa Cube渡利展示場

CasaCube渡利展示場

今までにない発想がある。今までにない形をしている。でも、いま住宅に必要なこと全てがある。

 

4月29日にオープンしたCasa Cubeモデルハウス。福島市渡利にて、大好評公開中です。

 

四角四面の家、Casa Cube。奇抜に見えるその風貌も、デザイン・機能面において従来の住宅よりも高い性能を発揮します。

 

窓から入ってくるのは、光と風だけでいい。
大きな窓が欲しい…家づくりを始める方はそのような希望を持っているかも知れません。しかし、実際はカーテンに隠れてしまい、外を見ることはほとんどありません。窓に必要なのは、明るさと風通しなのです。その機能を満たし、デザインを追及した結果、完全な防犯住宅としてのメリットが生まれました。
他人の侵入を許さないスリット窓と、隣地の影響を受けない天窓。建物の方向を選ばないCasa Cubeは、市街地の狭小地にも建築可能です。渡利展示場では42坪の敷地に床面積29坪のCasa1が建ち、3台分の駐車場があります。

 

Casa Cubeが選ばれる5つの理由
1.斬新なデザイン(飽きないデザインの家)
2.リーズナブルな価格(むだなお金のかからない家)
3.安心のセキュリティ(犯罪から家族を守れる家)
4.快適な住空間(一年中快適な家)
5.地球に優しいエコ住宅(間伐材利用で高気密。高断熱の家)

 

1月9日(土)~11日(月)は新春イベント!
素敵なプレゼントもご用意しました。ぜひご来場下さい。
Casa Cube渡利展示場 福島市渡利字岩崎町60-1(R114沿い)

 

住まいの市場 (有)コムテックス ホームページ http://www.sumaichi.com

京セラソーラーFC福島/有限会社アールヒーティング
プリウスにも採用!京セラの「太陽光発電」

京セラソーラー

京セラは国内で最初に住宅用ソーラー発電システムを販売し、その実績と信頼は国内メーカーでも随一です。 特に、(1)品質(プリウスに採用、ドイツにて品質No.1評価等)、(2)保証(自然災害対応のシステム全体10年保証)、 (3)アフター(地元密着のフランチャイズ店、点検修理のサービス指定店)が高く評価されており、現在、ハウスメーカー の多くも京セラを採用しております。
ソーラー事業11周年の当社は、東北初の京セラソーラーフランチャイズ店および県内唯一のサービス指定店として、 いち早くから太陽光発電の普及に努めてきた専門店です。何十年とお付き合いするものだからこそ、 品質・保証・そしてアフターをしっかりと考えたご提案が必要だと考えております。 感謝・誠意・努力を合言葉に、販売から施工・アフターまで、地域住民の皆様のエコロジーで豊かな暮らしをサポート 致します。ご相談だけでも結構ですので、お気軽にご連絡下さい。

 

■お問合せ・ご相談
京セラソーラーFC福島 / 有限会社アールヒーティング
〒960-0101 福島県福島市瀬上町字本町65
TEL:024-552-2033
E-mail tomoyuki@solar-fc.com
ホームページ:http://www.solar-fc.com

80年以上の伝統で
木の家づくりにこだわる職人集団です。 [ 株式会社氏家 ]

5つのこだわり
1.工法 ( 在来工法の木造・健康に暮らす )
2.即応性 ( 木造だから出来る対応 )
3.適材適所 ( 部位別に対応、木材・建材の選別、断熱材等 )
4.デザイン性 ( 自然に配慮・安全に配慮 )
5.アフターケア ( 安心出来る暮らし )

家は、皆が知っての通り大勢の叡智の集大成です。住むからには、楽しい暮らしが日々繰り広げられなければなりません。家づくりに携わる私達は、適切な提案と助言をくり返し行い、お客様が真に満足できる建物を完成させ、引き渡すことを目的としております。暮らしのステージとしての家づくりは、資産づくりでもあります。私達は、大切な使命を担っています。そしていつもお客様の身近なところにいて、メンテナンスに応じていきたいと考えています。

まじめな家づくり

また、『 ほとんどの人は、〝 住まい 〟に人生最大の資本を投下するものだ。大切な財産づくりの手伝いをするのに選ばれているのだから、「 誠心誠意 」 仕事にあたれ 』 という、先代の教えを守っています。 さらに、長期優良住宅や、200年住宅に対応しております。

■お問合せ・ご相談
株式会社氏家

ユニバーサルホーム いわき南店 (有)エステートいわき
冬はやっぱり『1階全室 24時間 床暖房』

  ユニバーサルホームの住まいは 『 地熱床システム 』 と 『 1階全室24時間床暖房 』。
  環境に配慮し、地熱エネルギーを利用した『地熱床システム』に基礎の蓄熱効果を利用した 『 1階全室24時間床暖房 』 をプラスしました。  廊下から洗面所までポカポカ暖かいので、寒い冬でも快適に過ごすことができます。
  展示場モデルハウス1階の全室床暖房も順調に稼動中です。キッズコーナーも設けてありますので、小さなお子様連れでも安心してご来場いただけます。おもちゃやビデオの充実ぶりはどこにも負けません!体の心から温まりにご家族ご親戚お誘い合わせのうえお越し下さい

 

■お問合せ・ご相談
ユニバーサルホーム いわき南店 (有)エステートいわき
〒972-8311 いわき市常磐水野谷諏訪ヶ崎7-8
TEL:0246-43-0680
E-mail sakurai@estate-iwaki.co.jp
ホームページ http://www.estate-iwaki.co.jp/univer/

環境住宅株式会社
家族が幸せになる「福の家」

「福の家」って何? 答えはここにあります。小冊子「家族が幸せになる福の家」無料プレゼント!みんなが幸せになった秘密、教えます。

お申し込みはこちらからどうぞ
>> http://www.kankyo-j.co.jp/syosashi/index.html

「 家づくりのポリシー 」
環境住宅株式会社は 「 自然素材 」 にこだわり、自然な光と風を取り入れることができる、健康によくエコな住まいをご提案してまいります。

「 注文住宅ならではの自由度 」
オリジナルの間取り・デザインでお客様の思い通りの家づくりをご一緒に進めて参ります。また、20代・30代の若いスタッフが、これから家を建てる若い世代のご家族のニーズに対応いたします。純和風住宅から都会的なデザインハウスまでお任せ下さい。

「 安心の住宅保証 」
後々トラブルにならないため、完成保証・地盤保証・10年品質保証など家づくりに関する保障体制を完備しております。安心してお任せ下さい。

「 トータルプロデュース 」
家づくりの第一歩は土地探しから。ご希望の土地を見つけることから、建物の建設にいたるまでトータルでサポートいたします。

 

■お問合せ・ご相談
環境住宅株式会社
〒969-1203 本宮市白岩字寺内176
TEL:0243-64-2011
E-mail toiawase@kankyo-j.co.jp
ホームページ http://www.kankyo-j.co.jp

ジェイ・ケイ・ホーム
“よろこばれる良い家”づくり

  当社は昭和45年、(株)福島環境整備センター(FKC)ハウス事業部として、いわき市に誕生しました。その後、平成3年、常磐開発(株)との合併により常磐開発(株)住宅事業部に社名を変更。同14年には分社独立し、(株)ジェイ・ケイ・ハウスとなり、地域密着型のハウジングエキスパートとして歩み続けています。創業以来40年間、企画・設計・施工・管理・アフターサービス等の一貫管理を行っております。
  徹底したコストダウンと設計プランニングによる当社オリジナルの企画住宅の販売、お客様の家族構成や宅地などのご希望に合わせた自由設計注文住宅、リフォーム、不動産の仲介業務なども行っております。
  中でも自由設計注文住宅は21世紀の一歩先を行く環境共生の高品質住宅を買いやすい価格で安心をそえてお客様に提供しております。
  “ よろこばれる良い家 ” づくりのため、ジェイ・ケイ・ハウスのスタッフが365日24時間お手伝いいたします。お気軽にご相談ください。

 

■お問合せ・ご相談
(株)ジェイ・ケイ・ハウス
〒972-8322 いわき市常磐上湯長谷町梅ヶ平88番地10
TEL:0246-44-5678
ホームページ http://www.jobankaihatsu.co.jp/group/jkh/index.html