HOME > 特集 > 2010 春のマイホーム特集

特集

2010 春のマイホーム特集

住宅版エコポイント制度スタート

平成23年3月8日より 「 住宅エコポイント 」 の申請受付がスタートしました。この制度は、エコ住宅を新築された方やエコリフォームをされた方に対して一定のポイントを発行し、これを使って様々な商品との交換や追加工事の費用に充当できるというものです。この春、新築やリフォームをお考えの皆さんは要チェック! ※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、発行対象となる工事期間が異なるため、ご注意ください。

※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、発行対象となる工事期間が異なるため、ご注意ください。

■ エコ住宅とエコリフォームにポイント発行
  住宅エコポイントは、新築またはエコリフォームを促進することにより、地球温暖化対策の推進および経済の活性化を図ることを目的としています。地球にやさしい住宅はお財布にもモチロンやさしいというわけで、積極的に導入する価値がありそうです。
  エコポイントの発行対象には 「 エコ住宅の新築 」 と 「 エコリフォーム 」 の 2種類があります。エコ住宅の新築の場合は、「 省エネ法のトップランナー基準相当の住宅 」 または 「 省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅 」 であることが条件となります。エコリフォームの場合は、「 窓の断熱改修 」 「 外壁、屋根の天井または床の断熱改修 」 「 バリアフリー改修 」 が条件となります。
  これらの条件を満たすと、一戸あたり一律で30万ポイントが発行されます。ポイントの発行対象となる工事の期間は、平成21年12月8日~平成22年12月31日に建築着工した (※1) もので、平成22年1月28日 (※2) 以降に工事が完了した住宅となります。
※1 根切り工事または基礎杭打ち工事の着工
※2 平成22年1月28日は平成21年度第2次補正予算成立日

●ポイントの申請期限
[一戸建ての住宅]
 平成23年6月30日まで
[共同住宅等]
 階数が10以下…平成23年12月31日まで
 階数が11以上…平成24年12月31日まで
※エコ住宅の新築とエコリフォームでは、ポイントの申請期限が異なるため、ご注意ください。
●ポイントの交換期限
 平成25年3月31日まで

■ 使い方いろいろ。お得なエコポイント
  住宅エコポイントは、さまざまな商品・サービスに交換したり、追加工事代金への充当、環境保全の団体に寄付などができます(一ポイント=一円換算)。たとえば、省エネ・環境配慮製品、福島県産品、全国型の地域産品、商品券・プリペイドカード、地域型商品券などと交換できます。詳しくは、各交換商品提供事業者のホームページをご覧いただくか、電話にてお問い合わせください。なお、エコ住宅の新築またはエコリフォームに追加で実施する工事に、一ポイント=一円換算で工事費用を充当できます。追加工事は、ポイントの発行対象となる工事と同じ工事施工者が実施するもの(売買契約で住宅を購入した場合は、同じ販売事業者が発注するもの)が対象となりますが、『ポイントの発行対象となった工事費用への充当はできませんのでご注意ください(追加で実施する工事費用への充当のみ)。
  無駄なくお得に利用できる住宅エコポイント制度。上手に使って理想の住宅をかなえてみませんか。

省エネ住宅のメリット

太陽光補助金制度

  太陽光エネルギーは、発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、排気ガスも出さない環境にやさしいクリーンなエネルギー。昨年11月からスタートした 「 太陽光補助金制度 」 によって、さらに身近なものになりました。  この制度を使って太陽光発電を住宅に設置する場合、1キロワットあたり7万円が補助されます。これにより導入費用(工事費込)の約1割程度をまかなうことができます。また、自治体によって条件等は異なりますが 「 補助金制度 」 がありますので、併用すると一層お得です。
  余剰電力の買い取り価格は、住宅用 ( 10KW未満 ) で1キロ・ワット時あたり48円。新築住宅の場合、太陽光発電の導入費用は約180万円~200万円。経済産業省によると、国や自治体の設置補助を受けた場合、余剰電力を売った収入や電気代の節約効果を考えると約10年間で元が取れるという試算も出ています。長期計画でエコライフを考えてみてはいかがですか。

オール電化住宅

  オール電化住宅とは、調理や給湯、冷暖房など生活に必要なエネルギーをすべて電気でまかなう住宅のことです。「 エコ 」 と 「 省エネ 」 を両立する住宅として注目を浴び、東北7県のオール電化住宅の累計戸数はすでに20万戸を突破しました ( 東北電力調べ・平成21年12月現在 )。
  オール電化住宅が選ばれる理由として、クリーンで快適、燃料補給が不要、結露がないなどのメリットが挙げられます。特に年配の方やお子様のいるご家庭では 「 火を使わない安心感 」 があることも見逃せないポイントです。また、オール電化システムと高断熱・高気密住宅のベストミックスで、わずかなエネルギーで家中を快適な温度に保つことができるのも大きな魅力といえます。さらに深夜電力を利用することで、給湯にかかる光熱費がガスや灯油に比べて抑えることもできます。環境にやさしくお財布にもやさしいオール電化住宅。家族の笑顔がますます広がりそうです。

ホームセキュリティって何?

  アプローチ脇やフェンスなどへの植栽には、防犯効果があるってご存知でしたか。これはご自宅の方が剪定や水やりにいつ出てくるか分からないため、空き巣や泥棒が警戒するためと言われています。これはあくまで心理的なものですが、ホームセキュリティは、具体的な防犯システムご自宅に取り付けるというものです。メーカーやサービスによって内容はさまざまですが、基本的なサービスをご紹介しましょう。
● 防犯・非常…外出時・在宅時の防犯です。各種センサーが異常を感知すると、コントロールセンターや監視センターにデータが送られ、警備員などが駆けつけ、契約者に代わっり110番などへ通報します。
● 火災監視…火災による温度変化、煙などを感知して契約者に知らせてくれます。
● ガス漏れ…ガス漏れを感知して契約者に知らせてくれます。
● 救急通報…急に具合が悪くなったりした場合、ボタンなどで救急信号を送信します。
 快適な生活を送るためにも、ふだんから防犯意識を高くもつことが大切です。必要に合わせて検討してみましょう。

住宅ローン減税豆知識

  住宅ローン減税とは、住宅を取得したときに納税者の税負担を少しでも軽減するために、住宅等の取得等の借入金の一定割合を、一定要件のもと、所得税額から控除するというものです。つまり住宅ローンの総額によってその年の所得税の負担額が少なくなるというもの。これを見逃す手はありません。
  昨年度行われた税制改革の一番のポイントは、最大控除額が 160万円から 500万円になったことです。一般住宅よりも寿命が長い 「 長期優良住宅 」 では別に制度が設けられており、最高控除額が 600万円となっています。ただし要件によって控除額が異なりますので、誰もが最大控除額になるわけではありません。住宅ローン減税の手続きは 「 確定申告 」 をする必要がありますが、勤務先による源泉徴収 ( 年末調整 ) によって所得税の納付をしているサラリーマンの場合、請求権は五年間となっています。お忘れなく!